ヴィットマンのブログ

ただの雑記ブログだぞ 


スポンサードリンク

テレビ離れは ”面白くない” が原因というのを素直に認められない人たち


スポンサードリンク

そういや、こんなニュースがありました。

 

news.nicovideo.jp

 

要約すると、テレビ離れが進行したのは、画面の大きさが原因で、大きい画面だと疲れやすい、場所をとるが原因だそうです。

 

いやいやいや、視聴率取れてる番組は変わらず視聴率いいだろ・・・・。

 

さらに、小さい画面のスマフォやタブレット端末で視聴する時間が伸びた、とも。

 

僕が思うに、テレビ離れが進行したのは、コンテンツがつまらなくなったからとしか言いようが無いと思います。

 

現に、話題になるゴールデンタイムのドラマは継続的に視聴されるし、ヤラセお芝居が発覚したバラエティは敬遠されがちです。

Youtubeが伸びたのも、Youtuberと呼ばれる人たちが、テレビではできないようなことを10分程度の動画にまとめているからです。

 

自分たちが提供するコンテンツの面白くなささをテレビ離れ、ネット依存のようなワードを使って言い訳しているのはあまりにもみっともないと言えます。

 

ですが、ある意味、テレビ局がネットを利用して番組を提供できるようになると、AbemaTVやYoutubeは危ないともいえます。

 

これには、コンテンツや番組を提供する上でのプロセスに決定的な違いがあります。

それは配信のコストです。

 

ネットの場合、コンテンツを配信するためのサーバーが必要になってきます。

さらに、同時に多くの人達がアクセスすると、もちろんタイムラグやコリジョンが発生します。

ですがテレビの場合はどうでしょう、電波塔から電波を垂れ流すだけで、見たい人だけがその電波を受信すればいいだけの話です。

配信するために必要なコストの差はかなり大きいのです。

 

テレビに人を回帰させたいなら、もっと面白いコンテンツや番組を提供するしか方法は無いと思います。

 

今回はこのへんで

ではでは。


スポンサードリンク