ヴィットマンのブログ

ただの雑記ブログだぞ 


スポンサードリンク

GitHubってなんやねん とりあえず僕が始めたこと


スポンサードリンク

 こんにちは、GitHubってみなさん知ってますか?

f:id:civili:20170222184509p:plain

 

僕は知っているだけで、中身を理解できていません(笑)。

 

複数人で何かプログラムを作るとき、修正や変更した際にアップロードして、みんなで共有するサイト的な感じだと思っています。

 

GitHubってGitって言うもののハブなのかと思い、Gitから理解することを始めました。

 

ですがどうも、コマンドを使ってやるみたいなので、「え、じゃあ理解できそうだな」と思ったので、

毎度お馴染み、Progateさん

prog-8.com

に、Git講座があったので、初級編をクリアして、わかったことをまとめていきます。

 

共有するための初期化と準備編

 

まず、誰かとソースファイルを共有するために、準備というものが必要です。

その第一歩として、初期化というものを行うそうです。

①初期化

$ git init 

コマンドラインに入力することで、初期化を行います。

init は initialize(初期化)という意味だそうです。

 

②送るファイルを選ぶ

$ git add index.html    (今回はindex.htmlというファイルを送りたい)

を入力することで、送りたいファイルを選択します。別に送りたいファイルは自由です。自分の好みに合わせて下さい。

 

③リモートを登録

$ git remote add リモート名 URL名

 リモートというのは、皆でファイルを共有するために一時的に置いておく倉庫のようなものです。わかりやすく言うと、GoogleDriveでしょうかね。

そのリモートを登録するために、自分で決めたリモート名と置く場所のURLを設定するのだそうです。

 

 

実際に共有してみよう編

①リモートにアップロードする

$ git push Origin(今回はリモート名がOrigin) master

と入力すると、リモートに共有したいファイルがアップロードされます。

Gitでは、アップロードすることをPush(プッシュ)、ダウンロードすることをPull(プル)と呼ぶのだそうです。 

リモート名とmaster の間には、もちろんスペース一個分空けます。

master の意味はよくわかりませんでした。管理者という意味でしょうか?

 

②リモートからダウンロードする

$ git pull Origin master

と、入力。アップロードでPushだったところをPullに変えただけみたいですね。

ちなみに、ダウンロードする人も初期化を行わないといけないようです。

 

 

ちょこっとだけ応用編

①変更したファイルを確認する

あれっ、変更したファイルってどれだっけ!?ってなったときに、

$ git status

を入力すると、変更したファイルの詳細を表示してくれます。

 

②変更した内容を確認する

今度は、変更したのってどの部分だっけ!?ってなったときに、

$ git diff

を入力すると、変更箇所を表示してくれます。

 

 

初心者がわかったこと

  • Gitというコマンドがある
  • Gitコマンドをつかってファイルを共有していく
  • リモートにGitHubがある
  • 個人の使用用途はバージョン管理かもしれない

 

とりあえず、ほんの少しだけGitを理解できた気がしました。間違い、指摘やアドバイスなどございましたら、コメントで教えて頂けると幸いです。


スポンサードリンク