ヴィットマンのブログ

ただの雑記ブログだぞ 


スポンサードリンク

初心者の僕が、サーバーを構築することができた理由


スポンサードリンク

サーバーの 「 サ 」 さえもわからない、Linuxはかじった程度の僕が、簡易的なサーバーを構築できたのは、とある本を購入し、書かれている文章を実行したからだ。

 

それは

 

たった2日でわかる Linuxサーバー CentOS7.0対応

※リンクは下にあります

 

という本を購入したからだ。

いかにも初心者っぽい感じで、買うのも恥ずかしいと思うかもしれない。

だが僕は、かっこつけて気難しいガチガチの専門書を買うよりも、わからないのなら初心者らしく、愚直にいこうじゃないかと思い、この本を購入することにしたのだ。

 

本書は、

・0日目の予備知識の蓄えと準備

・1日目の簡易サーバー構築① (FTPサーバーとWebサーバー)

・2日目の簡易サーバー構築② (データベースとSSHサーバーとファイルサーバー)

に分かれている。

 

もう、用語の時点でさっぱりわからない。僕もそうだったのだが、この本ではかなり優しく説明してくれている。そこは心配しなくて大丈夫でした。

 

ちゃんと章ごとに分けられていて、ステップを踏むような学習が僕にはぴったりだったのかもしれない。そして2日間で、自宅PCをサーバーへと変えることができました。

 

最後に端的にまとめると、

 

この本の短所

・ほんとうに入門書レベルなので、簡易なサーバーしか構築できない

この本の長所

・丁寧な説明で全くサーバーの知識がない人におすすめ

・環境構築のためのURLもつけてくれていて、導入手順も記されている

・2日、暇な人は1日でできる

 

という感じでした。興味のある人は買ってみてはいかがでしょうか!

 

[http://:title]

 

私、自宅にサーバーあるんですよ・・・!

なんてね!w

 

 

 

 


スポンサードリンク